沖縄看護師求人ランキング

沖縄看護師求人TOP >> 沖縄の看護師求人探しのFAQ >> 沖縄の看護師の離職率は?

沖縄の看護師の離職率は?

全国的に看護師不足が問題になっている日本ですが、沖縄県でも看護師不足は深刻です。離島が多い沖縄県では、看護師の人数や医療設備の質に差が多く、分散しがちという問題もあります。もともと看護師が少ないことに加え、看護師は離職率が高い職種であるため、沖縄の多くの病院では常に求人を募っています。

沖縄県の看護師の離職率は、常勤看護師で10パーセント前後、新人看護師で6パーセント前後となっていて、この離職率は全国平均と比べてもそれほど大きな差はありません。特に、退職後も病院や介護施設など、新しい職場が多くある都会と比べると沖縄の離職率は低めだと言ってもいいでしょう。

最近は離職率が下がりつつあるとは言われていますが、他の職種に比べると看護師の離職率はやはり高い傾向にあります。理由のひとつとして、看護師には女性が多いうという点があげられます。女性は結婚や出産を機に一度社会から離れて家庭に入らなくてはならないというのが、今の日本ではまだまだ常識となっています。そのため、どれほど看護師としてキャリアを積んでいて仕事ができる人であっても、一度はその職を離れるというケースが多いことが、離職率が高い原因となっているようです。これは沖縄も例外はありません。

沖縄県の月給は20万円から30万円前後と、全国的に比べると若干低めになっています。これは沖縄の病院は夜勤などが少な目ということにも関係があります。給与の低さから離職する人もいますが、激務に疲れた人があえて沖縄の地で看護師として働くケースもあります。

また、沖縄の場合、短期で他県から移住して看護師の仕事をしている人が多いという特徴があります。海が美しい沖縄はマリンスポーツを楽しみたいという人が大勢集まってくるところです。そんな人たちの中には、沖縄に住んで仕事をしながら、休日にはマリンスポーツを楽しみたいという人も少なくありません。看護師の仕事をしている人にもそのような考え方の人は多く、6カ月や1年など、期限を設けて短期で沖縄の看護師として働いている人もたくさんいます。このような場合、ある程度の時期が過ぎると沖縄から地元の都道府県に戻ってしまう人も少なくないため、離職率が上がることのひとつの原因となっています。

ただ、常に看護師不足の沖縄では、たとえ短期であってもいいのですぐに看護師として仕事ができる人材を求める病院が少なくありません。また、先ほどもお話したように、海をはじめとして気候や風土が魅力的な土地なので、短期の仕事を終えて沖縄を出る看護師がいる一方で、新しく短期の仕事を求めて他県から移住してくる看護師も多数います。

沖縄の看護師求人ならココ!看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ★★★★★ 株式会社マイナビエージェント 詳細





TOP

職場別の沖縄の看護師求人

沖縄の看護師求人探しのFAQ

沖縄県内の病院の看護師求人情報


Copyright (C) 2013-2018 沖縄看護師求人ランキング All Rights Reserved.